ズボラ番長が行く

丁寧な暮らしを送りたいのにぐーたらしちゃう主婦の日々

あ、安部礼司を五感で感じても面白くなかったYO!

★押忍★ズボラ番長です。今日は快晴で絶好の行楽日和。

と思いきや、番長1日寝込んでいました。

久々にみぞおちが痛くて

ベットから起き上がれませんでした…。

f:id:zubora-bancho:20181028232458j:plain

 

そんな床で聞いたラジオドラマ「あ、安部礼司

なんともやんわりとターゲットを変更しているように

思えたのは番長だけでしょうか?

 

 

とにかく、アラフォー世代には回を追うごとに

内容についていけない感じ。

ツボな選曲も、ずいぶんツボ感がなくなった。

と思ったら、冒頭の番組説明でも

以前は『鼻歌みたいな応援歌』を、

ツボな選曲とともにお楽しみ下さい!

 

 

だったのが

今日は「世代を超えたツボな選曲」に

変わっていましたよね。

 

 

幅広い年齢層に受ける番組作りを

心掛けているんだなと

番長は解釈しましたね。

これって危険ですよ。

万人受けは、万人に受けなくなる可能性も

秘めていますからね。

 

 

世代を超えてツボなんて

なかなか見つけられないよ。

 

 

リニューアル後から手探りで

リスナーにすり寄ってる感が否めないよね。

 

 

面白さを追求するところの

大事なポイントを見失っているのか

「幅広い層を囲い込め」と指示が出ているのか…。

なんてよからぬ詮索をしながら聞いていました。

 

 

今日は、鞠谷アンジュちゃんが攻めてきましたね。

そこは面白かったと思います。

アートも知らないのに

美術館巡りをする派の番長には

耳の痛い話ではありましたが。。。

フェルメールブルーは勉強になりました。

これからは五感で感じてみます!!

 

 

あ、あと大場部長がプライベートで

官能小説を書いているってことが

久々に番組で触れていたけれど

こんな3部制になって内容がぶつ切りになったところで

部長の官能小説好きに触れられても

ほとんどのリスナーはついていけていないと思います。

それくらい、10分で1話って何も伝わらないと思います。

サザエさんならまだしも、

想像力を働かせるのが命の

ラジオドラマでは限界あるっしょ。

 

 

そして、神田古本まつりも面白かったですよ。

これって、アンジュっちの恋の始まりですか??

 

 

番長は、東京が好きな東海地方人なので

神田の街がどんな街か分かるけど、

地方のリスナーって、神田の街に興味あるのかしら??

その辺、アンケートとってみては?

 

 

でもって、3部の安部家の話題での「ラップネタ」!!!

40おーばーのおばさんにはついていけませんでした。

ごめんなさい。

 

 

芸術の秋、読書の秋、音楽の秋に触れた

今回の放送ですが、

言いたいことを詰め込み過ぎて

番長は置いてきぼりさっ。

 

 

1時間も時間があるんだから、

ドラマに山場を見せてほしい。。。

下町ロケットみたいにベタでもいいからさっ。

明日の活力みたいになる番組作りに期待するよっ。

辛口コメントばかりだけど、期待しているよっ。

 

 

それでは、みなさん

月曜日もボチボチ行きましょ。

★押忍★